SCHEDULE

2018.12.30(日)19:00〜20:00
BSNラジオ(新潟放送)
「クラシックの森」
番組の後半で、本岩孝之のCD「カウンターテナーによる《冬の旅》」より“おやすみ”、“菩提樹”、“幻”、“辻音楽師”、以上4曲が放送されます。
https://www.ohbsn.com/radio/programs/mori/
無料アプリ「radiko」をダウンロードし放送局「RSNラジオ」を検索すれば全国どこでも聴くことができます。よかったら是非聴いて下さい。
カウンターテナーによる《冬の旅》CD発売記念コンサート
2018.12.22(土)13:10開場、13:30開演
音楽の友ホール
(東京都新宿区神楽坂6-30)
出演/カウンターテナー 本岩孝之
ピアノ 御園生瞳
日本語訳朗読  武居信惠
チケット/¥5,000-
主催・お問合せ/及川音楽事務所
‭03 3981 6052‬
‭070 5592 6402‬

世界初⁈カウンターテナーによるシューベルト作曲《冬の旅》のCD発売を記念してコンサートを行います。
メインホールでの
「オペラ歌手と自動演奏楽器のコラボレーションコンサート」
本岩孝之12月の出演日は
6(木),9(日),13(木),17(月),28(金),31(月)
以上です。
12/13(木),17(月)はクリスマス特別プログラムで3公演全てカウンターテナーのアヴェマリアのみで構成致します。
他の日は、
1公演目【バス・バリトン】
“もう飛ぶまいぞこの蝶々”
モーツァルト作曲オペラ《フィガロの結婚》よりフィガロのアリア、他
2公演目【テノール】
“なんて美しい絵姿”
モーツァルト作曲オペラ《魔笛》よりタミーノのアリア、他
3公演目【カウンターテナー】
“アヴェ・マリア”
マスカーニ作曲オペラ《カヴァレリア・ルスティカーナ》より、他
の予定です。
※都合により、曲目を変更する場合がございます。御了承下さい。
2018年11月30日(金)18:20〜
河口湖オルゴールの森コンサートホール
第52回富士山地域アカデミー「だれでも聴きたい講演会」
講師:写真家・プロデューサー テラウチマサト氏
テーマ:銀座四丁目三愛ビル8Fを活性化させた写真家から見た『富士山・河口湖が今、やらなければいけないこと』
定員150名(先着順)  参加費:¥500-
主催・申し込み:富士山地域アカデミー(河口湖オルゴールの森館内)
TEL 0555-20-4111  FAX 0555-20-4110

※講演会の中でテラウチマサト氏がジャケット写真を撮影した「カウンターテナーによる《冬の旅》」について、撮影秘話などを交えミニコンサート&ミニトークショーを行います。

2018.11.26(月)14:10〜14:50
YBSラジオ
「気になる人にズバリ!聞ックス」
パーソナリティ:梶原しげる
※約40分間にわたり、新しいCD「カウンターテナーによる《冬の旅》」や12/22(土)13:30音楽の友ホールでのCD発売記念コンサート等について、パーソナリティ梶原しげるさんの導きに従ってお話申し上げます。
本岩孝之の出演予定日は
1(木),4(日),5(月),15(木).17(土),24(土)
以上です。

河口湖オルゴールの森のメインホールにて「オペラ歌手と自動演奏楽器のコラボレーションコンサート」に出演します。
1公演目はバス・バリトン
“この聖なる神殿には”モーツァルト作曲オペラ《魔笛》よりザラストロのアリア、他
2公演目はテノール
“なんて美しい絵姿”モーツァルト作曲オペラ《魔笛》よりタミーノのアリア、他
3公演目はカウンターテナー
“アヴェ・マリア”マスカーニ作曲オペラ《カヴァレリア・ルスティカーナ》より、他
の予定です。
※都合により、曲目を変更する場合がございます。御了承下さい。
会場:重要文化財 自由学園 明日館 講堂
(東京都豊島区西池袋)
日時:2018.10.27(土)
開場18:30 開演19:00 終演20:30
料金:前売り3500円、当日4000円(一般自由席)
申し込み先:オフィスKAGURA座(柴田)
    090-3576-4634

公演内容:
●囃子組曲『大和礼賛』ー祀るー
作詞作調・構成演出 石山裕雅
謡・笛・道中太鼓・舞 石山裕雅
大拍子・大太鼓・打物 石山社中
※縄文さながらの天地自然の恵みに感謝を捧げる原始的な神祭りに着想し組曲
●歌と笛で紡ぐ構成曲『縄文の魂』ー約束の場所ー
作詞作曲・演出構成 石山裕雅
補作 本岩孝之
歌 本岩孝之
笛・謡・太鼓 石山裕雅
太鼓・打ち物 石山社中
※一万年に亘り平和な社会を築いた縄文の世界を歌と和楽器で紡ぎ描きます。
一章 鶏鳴の夜明け  
岩戸神話の長鳴き鳥の声にて、縄文の扉を開きます
二章 萬の楽土  
縄文王国の風土、人々を美しい旋律と共に垣間見ます 
三章 彼らの願い  
縄文の人々の祈りと感謝、親子愛、神々との神楽、歌声、壮大にして崇高な縄文の人々の暮らし、かつてそこに確かにあった、豊かな楽土の躍動を鮮やかに描きます
四章 明日への種子 
長き縄文の時は終わり、彼らの魂達は未来に希望を遺し、天地に還ってゆきます
五章 狂乱の叫び  
日本を襲って戦争、天変地異、人災の様を描き、一気に現代まで進みます
六章 魂の行方
多くの痛みを抱えた現代の日本、富と引き換えに失ったもの、富の向こうに見えたもの、縄文人への鎮魂、感謝、未来へ向けての希望を唱えます。
初演、再演、そして今回と、上演のたびに進化改作を経て成長する作品であります。
類稀な本岩氏の歌声と石山太夫の篠笛の織り成す和洋の新たな音楽世界に誘われ、いざ縄文の国へ。
●一管『弥生神』
構成・作舞 石山裕雅
舞 石山社中
笛 石山裕雅
古典に基づきながらも縄文か弥生に淘汰され進化された神の姿を新たに生み出します。
笛のみの最も深淵な形式での特別奉演。

☆全体を神楽の本来の形式で神事の中に組み込み進行し、舞い、謡い、吹き、打つ、深く広い芸域と、古典に基づく創作の曲、全く新たな声楽家との曲など、伝統と革新を有する神楽太夫の存在感と、日本の芸能の始まりとなる神楽の真髄をご覧頂きます。
2108年 国際親善 マダム  ダティン ロー  カップ 第3回ジャパンダンスグランプリ
併催/日本ダンス選手権(アマチュア部門)
東部日本プロ・ライジングスターダンス競技会
2018.10.14(日)8:30〜21:00
後楽園ホール
主催/公益財団法人ボールルームダンス連盟
詳細はチラシをご覧下さい。
本岩孝之は「君が代」を独唱いたします